日本ハム・増井浩俊「離れていても365日コミュニケーション」

日本ハム・増井浩俊「離れていても365日コミュニケーション」
佳奈夫人への思いを明かした増井
       

【プロ野球選手 妻の力(連載3)】プロ野球選手の妻といえば一般的な主婦に比べ、夫の体調管理や栄養面などに気を使ううえ、日々離れて暮らすことを強いられる。そのうえ、夫の成績次第では周囲からの冷たい視線や風当たりを受けることも珍しくない。そんな妻を選手自身はどう感じ、どう見ているのか。第3回となる今回は、日本ハム・増井浩俊投手(32)に聞いた。

「う~ん、妻の力と言われると難しいですね。選手の奥さんって、プロ野球選手にとっては留守がちになる自宅や家族を、安心して任せられる存在でないと務まらないと思いますからね。相当大変だと思います。僕も結婚前からそういう強い気持ちを持った人がいいと思っていました。そう考えると今、家族を守り、自分自身を野球に集中させてくれる妻には感謝しかありません」

 出てくる言葉は佳奈夫人(31)への感謝の思いばかりだった。

「実際に子供たちを含め、家族を守ってくれているのは彼女ですからね」

 佳奈夫人とは社会人時代の東芝で知り合い、2010年オフに結婚。以後、夫人には2男1女(長男5歳、次男3歳、長女0歳)の子育てを任せながら、自らの野球人生のサポートにも尽力してもらっている。増井の自宅はチームの本拠地・札幌ではなく東京。シーズン中は関東近郊で試合がない限り、自宅に戻ることはできない。その間、佳奈夫人は文字通り一人で留守宅を守りながら、家事、子育てに奔走しているという。

「やっぱり野球選手にとっては野球に集中することが一番大事なので。自分自身、あまり野球以外の家のことには力になれていないのが現状です。おそらく向こう(妻)はフラストレーションをためることもあると思います。でも、自分の中では今の環境がすごくやりやすい。向こうは大変だと思いますが、何とか今のような環境、関係を大事にしていきたい」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月23日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。