本紙記者が日本一早いMVP“先行投票”

本紙記者が日本一早いMVP“先行投票”
MVP予想投票結果
       

 セ・リーグ首位の広島が8日の中日戦(ナゴヤドーム)に延長12回の末に1―1で引き分け、2位の阪神が巨人に敗れたため、優勝へのマジック33を点灯させた。しかも25年ぶりにリーグ制覇した昨年と1980年の8月24日を大きく上回る球団最速だ。早くも連覇へのカウントダウンが始まり、MVP争いも過熱してくる。そこで東スポグループ総勢25人の野球記者による「先行MVP投票」を実施。栄えある栄光に輝いたプレーヤーは――。(成績は8日現在)

 本紙が実施した「先行MVP投票」は実際の投票同様、野球担当の記者がそれぞれMVP候補3人を選び「1位5点、2位3点、3位1点」で点数化し、合計点の多い選手が最高殊勲選手(MVP)となる。広島が25年ぶりにセ・リーグを制した昨年も本紙は「先行投票」を行っており、“本番”と同じくベテランの新井貴浩内野手(40)が最多得票で圧勝した。

 今季の広島は上位打線が安定した成績を残しており、機動力でかきまわし最終的には打ち勝つ試合が多い。その中でも1番・田中広輔内野手(28)は盗塁がリーグトップ。3番・丸佳浩外野手(28)は打率と打点がリーグ3位、出塁率は同2位だ。4番・鈴木誠也外野手(22)は堂々の打点王で、後に控えるブラッド・エルドレッド外野手(37)もリーグ2位の24本塁打と打線に穴がない。超人的な守備でチームのピンチを何度も救っている2番・菊池涼介内野手(27)を含めて、いずれも貢献度は高い。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月10日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。