【世界陸上】男子200メートル サニブラウン決勝進出!ボルト超え史上最年少18歳5か月

【世界陸上】男子200メートル サニブラウン決勝進出!ボルト超え史上最年少18歳5か月
決勝進出を決めたサニブラウン(左=ロイター)

【英国・ロンドン9日(日本時間10日)発】18歳の若武者が快挙を達成した。陸上の世界選手権第6日、男子200メートル準決勝2組でサニブラウン・ハキーム(18=東京陸協)は20秒43の2着となり、2003年パリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来となる決勝に進出した。18歳5か月での決勝進出は、05年ヘルシンキ大会で同種目の決勝に進んだウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)の18歳11か月を更新する史上最年少記録。決勝は10日午後9時52分(同11日午前5時52分)に行われる。

 冷たく激しい雨がトラックを叩きつけるあいにくの空模様。そんなコンディションの中、サニブラウンが激走した。ゴールに入った直後は苦悶の表情だったが、電光掲示板で決勝進出が決まったことがわかると、笑顔に変わった。

「まずは目標としていた決勝に行けた。これで満足せず、タイムもまだまだ。これからもう一段上げて、メダルに食い込む走りができれば」

 スタートは予選と同じ大外9レーン。課題のスタートもまずまずで、予選で0・221秒だったリアクションタイムも0・193秒に縮めた。スムーズに加速すると、先頭集団でカーブをクリア。最後のストレートでは3レーンのジェリーム・リチャーズ(23=トリニダード・トバゴ)には離されたが、7レーンの実力者、ヨハン・ブレーク(27=ジャマイカ)の追い上げをしのいだ。

 雨と気温の低下は選手たちを苦しめた。体が硬くなれば力を出し切れなくなるため、サニブラウンもこまめに体を動かして集中力を維持した。外のレーンのほうがカーブが緩く、雨が降ったことで内の有力どころよりわずかに有利に働いたのも大きかった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年8月10日のスポーツ総合記事
「【世界陸上】男子200メートル サニブラウン決勝進出!ボルト超え史上最年少18歳5か月」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    世界選手権の放送は、盛り上がらんね!織田、中井、おまけに小谷、何だこのキャストわ!何年同じ人がやっているんだ!TBSは、やる気なしやね!視聴率悪いやろう!

    4
  • 匿名さん 通報

    打倒、NHK

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。