【世界陸上】男子400Mリレー 日本男子38秒21で決勝進出

【世界陸上】男子400Mリレー 日本男子38秒21で決勝進出
多田修平(ロイター)

【英国・ロンドン12日発】陸上の世界選手権第9日、男子400メートル予選で、日本は38秒21で1組3着で決勝進出を果たした。走順は多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、ケンブリッジ飛鳥(24=ナイキ)だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2017年8月12日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。