インラック前首相“国外逃亡”でタイ政争の行方

インラック前首相“国外逃亡”でタイ政争の行方
美熟女でも知られたインラック前首相だが…(ロイター)

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】タイのインラック・シナワトラ前首相(50)がさる8月25日、国外逃亡した。この日は、インラック政権時代のコメ買い取り制度が汚職に当たるとする裁判の判決が出る予定で、有罪となればインラック氏は収監されるところだったが、タイから脱出したことでそれを回避した格好だ。

「インラック氏は兄・タクシン元首相の跡を継ぐ形で政界入りし、タイ史上初の女性首相となった。だが、タクシン氏もやはり汚職を問われ、国外逃亡。兄妹で母国を追われることになったが、国内では裁判に影響力があるとされる軍部への批判が高まっている」とは、首都バンコク在住記者。

 現在のタイは2014年にクーデターを起こした軍部がそのまま政権に居座っている。民主的な選挙をすると公言してはいるが、今に至るも実施されていない。選挙をすれば、庶民層に圧倒的人気のタクシン派が勝ってしまうからだ。あの手この手でタクシン派の勢力をそぎ、反タクシン派が勝つ見込みが出てきてから選挙をやるといわれ「一体、民主主義とは何なのか」という議論にもなっている。

「そもそも、コメ買い取り制度は、貧しい農村にとってはありがたい政策だった。相場の4割増しで政府がコメを買ってくれるもので、当時は批判の声もそう聞かれなかった。それを今になって買い取り資金が汚職の温床になっていると裁判にかけるのは言いがかりもいいとこ」(タクシン派幹部)


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。