中日・伊藤準規が今季初先発も4失点KO マギーの一発悔やむ

中日・伊藤準規が今季初先発も4失点KO マギーの一発悔やむ
5回途中4失点で降板した伊藤準規

 中日・伊藤準規投手(26)が5日の巨人戦(松本)に今季初先発し、5回途中6安打4失点でKOされた。

 打席では2回二死二、三塁の好機で左前へ先制適時打を放ち、プロ9年目にして初打点をマーク。「自分で打つことができて良かったです」と喜んだ。しかし、肝心の投球では、4回一死満塁で小林の犠飛で同点にされると、5回はマギーの15号2ランを含む4連打を浴びるなど一死も取れずに降板した。

 マギーに浴びた痛恨の一発に「ああいうボールをなくしていかないと…」と肩を落とすしかなかった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年9月5日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。