神戸市長田区の路上で白昼“血の抗争”ぼっ発

“神戸VS任侠”の抗争がついに血で血を洗う緊張状態に突入した。12日午前10時ごろ、神戸市長田区の路上で、任侠山口組の織田絆誠代表(50)の護衛役とみられる関係者の男性(44)が射殺された。4発の銃弾のうち1発が眉間に命中していたという。警察庁は取り締まりや警戒強化を指示したが、両組の抗争激化は避けられそうもない。

「ゴラァ!」「撃たんかい!」

 白昼の路上にヤクザの怒声が響き、銃声がとどろいた。捜査関係者によると、死亡したのは神戸山口組から離脱して今年4月に結成された任侠山口組・織田代表の護衛役の男性だった。

 襲撃現場の神戸市長田区五番町3丁目は織田代表の自宅近くで、同代表が狙われたとみられる。

「織田代表が乗った車を含む3台の車列が、神戸山口組の車に衝突され、さらに車から降りてきて襲われた。両者は路上でもみ合い、護衛役の男性は神戸山口組の男に馬乗りになったようだ。『撃たんかい!』などと叫んだ後、神戸山口組の男から撃たれた。発砲は計4発だったとみられる。眉間と鎖骨頭に被弾して血を流して倒れ、死亡。織田代表は、護衛役らが逃がして命拾いした」(捜査関係者)

 本紙は事件直後の現場写真を入手。白いシャツに黒いスラックス姿の護衛役が、黒い車両の近くの路肩であおむけに倒れた生々しい姿が写っている。

 兵庫県警は、神戸山口組と任侠山口組の抗争によって起きた殺人事件と断定。約90人態勢の捜査本部を設置した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年9月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら