山尾議員 ゲス不倫の代償「ダブル離婚危機」ドロ沼化も

山尾議員 ゲス不倫の代償「ダブル離婚危機」ドロ沼化も
山尾氏のダブル不倫の後はダブル離婚となるのか

 不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(34)が、ダブル離婚危機に直面している。山尾氏が夫と離婚協議中なのは本紙既報通りだが、お相手の倉持氏も周囲に離婚をほのめかしていたという。倉持氏をめぐっては、脳梗塞の症状が出た妻に実家帰省を勧めておきながら、そのスキに山尾氏と密会していたことが判明。14日発売の「週刊文春」では過去の「婚約不履行」も報じられた。双方とも、圧倒的不利は避けられない“厳しい離婚”という地獄の結末になる可能性が出ている。

 不倫で一番恐ろしいのは後始末だ。今井絵理子参院議員(33)との情事が発覚した橋本健元神戸市議(37)は怪しいカネの流れを暴露された揚げ句、議員辞職。妻との離婚調停も後手に回らざるを得なくなった。

 それは山尾氏と倉持氏もしかり。前原誠司新代表(55)の下、山尾氏は民進党の幹事長に抜てきされるはずが、不倫報道でジ・エンド。本人は必死に「不倫ではない!」「男女の関係ではない」と弁明したが、疑いの目は消えず、離党するハメになった。さらなる誤算は、これで夫との離婚協議も不利になったこと。

 山尾氏は大学の同級生で、元ライブドア役員の男性A氏と2006年に結婚。11年に第1子を出産したが、このところ夫婦間の折り合いが悪く、離婚危機に直面していたことは本紙がいち早く報じた。しかも、その相談相手が倉持氏だったから開いた口がふさがらない。

 事情をよく知る関係者は「A氏もまさか妻の浮気相手が倉持氏とは思わなかったそうだ。子供のためにも離婚は避けたいという考えを第一に持っていたA氏だが、このまま山尾氏の気持ちが変わらなければ、今回の報道を理由に相当額の慰謝料を請求するだろう」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2017年9月14日の社会記事
「山尾議員 ゲス不倫の代償「ダブル離婚危機」ドロ沼化も」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    離婚で、保育園で2名以上の園員増加。この為だったのか・・

    16
  • 匿名さん 通報

    そりゃー、離婚者用の保育園が必要だよね。

    15
  • 匿名さん 通報

    離婚した、保育園より民進党死ね

    9
  • 匿名さん 通報

    子の離婚劇じゃー、小学生用の保育園も必要なのかね!!

    9
  • 匿名さん 通報

    子供を使ったネタは笑えない?その笑えない事をしたのが山尾議員で、当の本人は「議員になった者の勝ち~」と有権者を馬鹿にして高笑いでしょう。

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら