【ISPSハンダマッチプレー選手権】大成功の舞台裏「1対1の真剣勝負が必要」

【ISPSハンダマッチプレー選手権】大成功の舞台裏「1対1の真剣勝負が必要」
半田晴久会長と片山晋呉(右)

 次回は2億3000万円だ! 賞金総額2億1000万円、優勝賞金5000万円ともに国内最高額を争った「ISPSハンダマッチプレー選手権」(千葉・浜野ゴルフクラブ)は、8月1日の1回戦からのべ7日間の激闘を制した片山晋呉(イーグルポイントGC)が優勝し、今季初勝利を挙げた。今回、日本ゴルフツアー機構(JGTO)公式戦として14年ぶりにマッチプレーを復活させた国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久会長は、来季のISPS主催大会の賞金総額を2億3000万円に増額することを明言した。

 片山の完勝を振り返った半田会長は「晋呉さん、おめでとうございます。国内のマッチプレーでは最高齢(44歳)優勝になるそうです。素晴らしい熱戦でした」と勝者をたたえた。

 JGTO公式戦で14年ぶりにマッチプレーを復活させた同会長は、その意図を「世界に通用するゴルファーを育てるためには、本当の勝負強さが必要です。それには1対1の真剣勝負を経験することが絶対に必要です」と説明した。その際、長い間マッチプレーが公式戦にならなかった理由についても「マッチプレーがテレビ放送枠にはまらないからです。いつ終わるか分からない、途中で終わるかもしれない。それが一番の理由だったそうです」と話していた。

「では、どうすればゴルフ界が活性化するか?、日本人ゴルファーが強くなるか?を考えた結果、やはりマッチプレーの真剣勝負が必要という結論にいき着きました。観客ゼロ、テレビ中継がなくても結構、メディアは新聞だけ。腹をくくってやったのが、今回のマッチプレーです」と胸を張った。


当時の記事を読む

片山晋呉のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【ISPSハンダマッチプレー選手権】大成功の舞台裏「1対1の真剣勝負が必要」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    現状のJGTOに太っ腹な支援をしてくださるハンダさんはありがたいことです

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「片山晋呉」に関する記事

「片山晋呉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「片山晋呉」の記事

次に読みたい「片山晋呉」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月15日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。