し烈!“日中ラブドール戦争” すでに浸食「チャイナガール」相手に伝統文化守れるか!?

 かつては「ダッチワイフ」と呼ばれた日本製の「ラブドール」が、風前のともしびだという。高いクオリティーで知られる日本メーカーの製品には愛好家も多く、メディアにもたびたび登場してきた。だが時代の流れには逆らえないのか、何と価格の安い中国産ドールに日本市場の過半数が食われているという。高級な“ジャパニーズガール”は安価な“チャイナガール”に駆逐されてしまうのか――。

 本物の美女、いやそれ以上に美しくはかない表情。しっとりした肌質のエロチックな肢体…。1体60万円以上の値がつくものもあるラブドールに注目が集まっている。展示会を開けば若い女性も訪れ、かつてのいかがわしい印象も払拭されつつある。

 一部のマニアもたびたびメディアで紹介されることもあり、市場は活況のようにも思えるが“人気があって売れている”と考えるのは早計だ。

 2002年創業のブランド「LEVEL―D」(埼玉県所沢市)代表の菅原史嵩氏(55)は「日本のラブドール業界は非常に厳しい状況。10年以上前の最盛期から右肩下がり。元気のない日本製ドールの代わりに、中国製ドールが増えています」と語る。

 中国製ドールが日本で倍増したのは、ここ2~3年のことだ。海外ネット通販サイトでは安くて10万円ほどの価格で売られている。当初は「中国ドールなんて安かろう悪かろう」と見られたが、技術向上は日進月歩。全くバカにできない競合相手になってしまった。

 中国産の質が良くなった要因は「日本メーカーが製造工場を中国に造って技術流出した。すでに廃刊になったラブドール専門誌に掲載された作り方を参考にされてしまった」(菅原氏)ことが考えられるという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク