O157食中毒事件の惣菜店「閉店」〝菌の温床〟スマホ感染の危険性

 埼玉、群馬両県の系列総菜店「でりしゃす」の客が腸管出血性大腸菌O157に感染し、1人が死亡した集団食中毒で、運営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市)は20日、栃木、群馬、埼玉各県にある「でりしゃす」全17店を、19日の営業を最後に閉店したと発表した。

 今回の集団食中毒では、でりしゃす系列4店で購入したポテトサラダなどを食べた客22人がO157に感染し、このうち3歳の女児1人が死亡。この女児を含む11人の感染者を出した店舗では、調理担当者が手袋をつけたまま会計のレジ打ちをしたほか、客の使うトングを交換していなかったなどの苦情が寄せられていたという。

 同社は閉店の理由を「感染源が特定されていない中で営業を再開しても今後の影響は避けられず、継続は難しい」としている。

 今回の集団食中毒は同様のスタイルの飲食店にも影響を与えており、あるセルフ式チェーン総菜店の店員は「先月の集団食中毒発覚以降、明らかに売り上げが落ち込んでいます」と言う。

 今回はポテトサラダが感染源と疑われたが、死亡した女児が食べたのは炒め物などで、正確な感染経路は明らかになっていない。今回のO157と同じ遺伝子型の菌が検出された地域は東京都など11都県に広がっており、人から人への二次感染も疑われている。

 厚生労働省は「調理業務に携わる人がO157に感染した場合、包丁やまな板などの調理器具、食材に触ることで、その調理品を食べた人が感染する可能性があります」と話す。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「O157食中毒事件の惣菜店「閉店」〝菌の温床〟スマホ感染の危険性」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    この事件の原因がスマホ感染だったとデマを掲載している掲示板がココになります☆

    2
  • 匿名さん 通報

    まぁ、閉店して当然だよな。死人まで出して営業してたら怖いよw死ぬほどデリシャスww

    1
  • 匿名さん 通報

    安かろう悪しかろうの記念みたいな事件ww

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュース

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「感染症」のニュース

次に読みたい関連記事「感染症」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュース

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。