巨人が清宮獲りへ“マル秘人脈”

巨人が清宮獲りへ“マル秘人脈”
清宮のハートを射止めるのはどの球団なのか

 巨人が怪物獲りへ温める秘策とは――。球団は29日、都内の球団事務所でスカウト会議を開き、1か月後に迫ったドラフト会議の指名方針を確認した。注目の1位指名候補は公言しなかったものの、球団内では早実・清宮幸太郎内野手(3年)でほぼ一本化。清宮が希望している面談は10月2日にも応じる意向だが、球団内では「絶対に“あの人”を担ぎ出すべきだ」との声が上がっている。

 長時間の会議を終えた岡崎スカウト部長は1位指名について「まだ決まっていない」と語った。だがこの日報道陣と交わしたやりとりは、ほとんどが清宮に関することばかり。球団としての意思はひしひしと伝わってきた。

 編成部門トップの鹿取GMもすでに競合覚悟の意思を示しており、今年は由伸監督も自らがくじを引く気満々。ただ、くじ引きの前に立ちはだかるのが、清宮本人が希望している面談だ。清宮の強いメジャー志向は変わっておらず、NPB球団への入団はポスティングによるメジャー挑戦の確約を得られるかどうかがポイントといわれる。

 岡崎部長はこの日、面談に応じる意向を示したが、実際にメジャー挑戦時期が入団の焦点となると巨人は分が悪い。球団として、これまで一貫して入札によるメジャー移籍を認めていないからだ。岡崎部長は「今回の面談に関しては『ポスティングを容認しますか?』と先方から聞かれることはちょっと考えづらいので、その答えは用意していません」と語ったが、本当にそうであれば門前払いを食らう可能性もある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
東スポWebの記事をもっと見る 2017年9月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら