中日・浅尾が200H「ワンポイントで終わるつもりはない」と来季に意欲

中日・浅尾が200H「ワンポイントで終わるつもりはない」と来季に意欲
通算200ホールドを達成した浅尾
       

 中日の浅尾拓也投手(32)が1日のヤクルト戦(神宮)で、史上3人目となる通算200ホールドを達成した。3―3の7回二死走者なしの場面から3番手で登板し、広岡をフォークで見逃し三振に仕留め、1/3回を無得点に抑えた。

 今季も残りわずかというところで山口鉄也(巨人)、宮西尚生(日本ハム)に続いての大台到達に「2年ぐらい足踏みしたのでホッとしている。もちろん感謝もあるし、うれしい気持ちは大きい。去年、今年で何度も(引退を)どうしようかなと思った時期もあったけど、そのたびにファンの方や家族、友人、チームの方に激励してもらって何とかここまでやってこれた」と安堵の表情を浮かべた。

 しかし、7回から2番手で登板した谷元に“お膳立て”されて受けたバトンだったことで「チームに気を使わせてしまって、そういうのは一番嫌なんで。このままでは自分としては情けない。悔しい気持ちもある」と複雑な胸中を打ち明けた。

 その上で「ワンポイントで終わるつもりはない。また1イニングをしっかり任せてもらえるような投球を、どんどん積み重ねていかないといけないと強く感じた」と来季へ向けて並々ならぬ決意を語った。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月1日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。