三原舞依 ミスのない納得の演技で女子2位

三原舞依 ミスのない納得の演技で女子2位
三原舞依
       

 フィギュアスケートの団体戦「ジャパン・オープン」が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、宇野昌磨(19=トヨタ自動車)、織田信成(30)、三原舞依(18=シスメックス)、本田真凜(16=関大高)のメンバーで臨んだ日本は614・93点で2位に終わった。優勝はハビエル・フェルナンデス(26=スペイン)、エフゲニア・メドベージェワ(17=ロシア)らの欧州で615・35点だった

 先月のオータム・クラシックでは不本意な出来に終わった三原が、非公認ながら147・83点と日本歴代最高でもある自己ベスト(146・17点)を上回る高得点をマークした。

 冒頭の3回転の連続ジャンプを決めると、その後もミスのない演技を披露。「演技中に観客席を見るのが目標だった。上の方まで表現が伝わればいいと思った」と課題の表現力向上を意識していたことを明かした。

 世界女王のメドベージェワには及ばなかったが、昨季のジュニア女王アリーナ・ザギトワ(15=ロシア)や、平昌五輪出場をかけたライバルと見られる本田を抑えて価値ある2位。シーズン前に口にしていたシニア2年目の怖さは「全くない」と自信を深めたようだ。

あわせて読みたい

三原舞依のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「三原舞依 ミスのない納得の演技で女子2位」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    スパイラルのポジションが美しくない まるで、ジュニアの選手みたい

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「本郷理華」のニュース

次に読みたい関連記事「本郷理華」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「樋口新葉」のニュース

次に読みたい関連記事「樋口新葉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュース

次に読みたい関連記事「本田真凛」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。