【東名高速・夫婦死亡事故】身勝手な容疑者への処罰と理不尽被害を回避する方法

 神奈川県大井町の東名高速道路下り車線で6月に発生した、静岡市の家族4人が死傷する多重事故に事件性があった。神奈川県警は10日、夫婦の車の進路をふさいで追い越し車線に止めさせて事故を誘発させたとして、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩(かずほ)容疑者(25)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕した。理不尽な行為に与えられる刑罰はいかようなものか。交通ジャーナリストが過去の事例からひもといた。

 石橋容疑者は6月5日、自身が乗っていた車で萩山嘉久さん(45=当時)一家のワゴン車の進路をふさぎ、追い越し車線に無理やり停車させ、後ろから走ってきた大型トラックによる追突事故を引き起こした疑いが持たれている。追突で、萩山さんと車を運転していた妻の友香さん(39=同)が死亡。同乗していた高校1年と小学6年の娘も軽傷を負った。石橋容疑者と同乗女性(22)も重傷。

 事故直前、現場から約1・4キロ手前のパーキングエリアの走路に石橋容疑者が車を止めていたことで、萩山さんに「邪魔だ」と声をかけられたことからトラブルになったとみられる。石橋容疑者らは萩山さんの車を追って止めさせると、ドアを開けて萩山さんに暴行。そこに大型トラックが突っ込んできたという。

 高速の追い越し車線に停車させることが危険極まりないのは誰しも理解できる。交通ジャーナリストの今井亮一氏(63)は、過去の類似した事件を振り返る。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク