西武スカウトも目を丸くした!源田の変貌ぶり

西武スカウトも目を丸くした!源田の変貌ぶり
ドラ3源田の変貌にスカウトもびっくり

 西武のCSでの働きぶりに注目が集まるのはドラフト3位ルーキーの源田壮亮内野手(24)だ。新人として56年ぶり4人目、遊撃手としては初のフルイニング出場を達成し、安打数でも巨人・長嶋茂雄(1958年、153安打)を抜き史上3位となるシーズン155安打をマーク。2番打者として打率2割7分、3本塁打、57打点、37盗塁は堂々たる新人王筆頭候補だ。

 侍ジャパンにも初選出された源田は13日に受賞したスピードアップ賞の会見で「打席ではあまり考えないようにしているから変な間もないのかな。(投手のテンポには)されるがままに。打席でのルーティンもしっかり決めているんで」と動じない強心臓ぶりをさらりとアピールした。

 源田の変貌ぶりに目を丸くしているのが、昨秋ドラフトで獲得を猛プッシュした担当の安達俊也スカウト(52)だ。オリックスのスカウト時代に今や先発枠の柱となっている西を担当したことでも知られる安達氏は「確かに守備と足は即戦力でした。こっちもそこは(スカウト会議でも)強調しましたけど、打つ方は時間がかかるという判断だった。ところが監督、コーチとの巡り合わせがよかったのか、早い段階から本人はキッカケをつかんで別人のようなバッティングをし始めた。今の源田の打撃フォームは僕が去年、トヨタ(自動車)のグラウンドで見ていた非力な源田じゃないし、トヨタの監督、選手もみんなその変身ぶりに驚いている」と話す。

 打撃練習では打球がなかなか前に飛ばず、非力を絵に描いたような9番打者だったが、それが一変。急成長を遂げた源田のバットがチームをファイナルステージに導く。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「安部友裕」のニュース

次に読みたい関連記事「安部友裕」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「茂木栄五郎」のニュース

次に読みたい関連記事「茂木栄五郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「多和田真三郎」のニュース

次に読みたい関連記事「多和田真三郎」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。