女子テニス二宮真琴がマツダで始球式「ウィンブルドンのほうが緊張した」

女子テニス二宮真琴がマツダで始球式「ウィンブルドンのほうが緊張した」
始球式を行った二宮真琴

 女子テニスの二宮真琴(23)がクライマックスシリーズファイナルステージ第1戦、広島―DeNA戦(18日、マツダスタジアム)で始球式を行った。

 ワンバウンド投球ながら、満足そうな表情で「真っすぐいきました」。7月のウィンブルドン選手権ではダブルスでベスト4進出。「ワクワク、ドキドキしましたけど、やっぱりウィンブルドンのほうが緊張しました」。

 広島市出身でカープ女子といい「小さいころからお父さんとキャッチボールをしていて、今でもコーチと毎日キャッチボールを続けています」と明かす。実は“本業”のサーブの練習に役立てているようで、硬式球を使用しているという。

 また、テニスプレーヤーとしても成長するために「こうやって大勢の前で何かをすることでプラスにつながれば」と力強く語った。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。