【卓球】水谷が大仁田にエール

【卓球】水谷が大仁田にエール
水谷(右)は今年の本紙お正月特別号で大仁田と対談した
       

 卓球男子のリオ五輪メダリスト、水谷隼(28=木下グループ)が7日、10月31日の後楽園大会を最後に引退した邪道・大仁田厚(60)にエールを送った。

 プロレスファンでデスマッチ、特に電流爆破マッチが好きで、今年の本紙お正月特別号では大仁田と対談。大きな刺激を受けた。引退試合当日は海外にいたため、SNSなどで情報を入手したが「見に行きたかったです。たくさんのファンがいて盛り上がっていた。やりきって納得しての引退なので、僕もうれしかったです。今後も大仁田さんにできることを貫き通してほしいです。信じてくれるファンがいると思うので、流されず、大仁田さんにしかできないことをやってほしい」と激励した。対談の際、邪道から“邪道革ジャン”を贈られた。水谷は日本卓球界のエースながら、大胆な発言や行動力で卓球界の発展向上に尽力している。今後も自分を貫き“邪道魂”を継承する構えだ。

「講習会とかでは、ファンの人に楽しんでもらえるように、プレーだけじゃなくパフォーマンスも意識しているんです。マイクパフォーマンスなどですね。プロレス選手から学べることはたくさんある。いかに楽しんでもらえるか、大仁田さんからも受け継いでいきたいです」

 2020年東京五輪を目指す水谷はロシアリーグとT2アジア太平洋リーグに参戦中。この日はワールドツアー・ドイツオープンに向けて、羽田空港から出発した。大忙しの日々を送っており、昨年末以来、プロレス観戦から遠ざかっている。それだけに「また邪道革ジャンを着て、プロレスを見に行きたいです」と熱望。逆に大仁田の卓球観戦には「来てほしいですけど、静かに座っている姿が想像ができません」と笑みを浮かべた。とはいえ、最後には「でもどこか半信半疑です。また復帰するんですよね。期待しています」とニヤリ。本音では“7度目の復帰”を楽しみにしているようだ…。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「卓球」に関する記事

「卓球」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「卓球」の記事

次に読みたい「卓球」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 卓球 W杯
  2. 卓球 世界卓球
  3. 卓球 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。