フィギュア羽生 NHK杯出場の意向も公式練習に姿見せず

フィギュア羽生 NHK杯出場の意向も公式練習に姿見せず
拡大する(全1枚)
着氷に失敗し、練習を中断した羽生

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪市中央体育館)の公式練習が10日午前に行われ、前日にアクシデントに見舞われた羽生結弦(22=ANA)は姿を見せなかった。男子ショートプログラム(SP)は10日午後7時5分から行われる。

 羽生は9日の公式練習で4回転ルッツを跳んだ際に転倒し、右足を痛めて練習を中断。その後、日本チームの会見が行われたが、右足の治療を理由に欠席した。

 この日、指定された練習時間終了後、報道陣に対応した日本スケート連盟の小林芳子強化部長は羽生の状態について「ご心配をおかけしております。競技に出られるように治療しています。新しい情報があれば、お知らせします」と短くコメント。羽生自身は出場の意向であることを明かした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク