【フィギュアGP】宮原復帰で女子の平昌代表争い大混戦

【フィギュアGP】宮原復帰で女子の平昌代表争い大混戦
エキシビションで華麗な演技を披露する宮原

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯(大阪)で宮原知子(19=関大)が復帰し、平昌五輪の代表2枠を争う選手たちがようやく出揃った。実績十分の宮原、今季好調の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)や三原舞依(18=シスメックス)を中心に「混戦模様」となっている。

 約11か月ぶりの復帰戦を5位で終えた宮原は12日「疲れはあるけど気持ちはすごく元気です」と充実感を漂わせた。「NHK杯に出られただけで計画よりも早めに仕上がっている。計画通りいくんじゃないかと思います」。当初から全日本選手権(12月21日~)に照準を絞っており、調整は順調だ。

 これに対し、樋口はすでにGP2戦に出場し、3位、2位でGPファイナル(12月7日~)進出の可能性が高い。また、昨季ブレークした三原は初戦4位。今週のフランス杯の結果次第ではこちらもファイナル進出の可能性が出てくる。

 今季の成績から樋口が一歩リードとされているが、五輪代表の1枠目は全日本優勝者のため、あくまで一発勝負。3人を追う本田真凜(16=大阪・関大高)、本郷理華(21=邦和スポーツランド)らも含め、全日本では横一線からのスタートとなる。

 一方、2枠目は全日本2、3位、ファイナル上位2人、各種世界ランク上位3人の中から総合的に判断。ただし、全日本の結果を覆すには相応の理由が必要だろう。確かに前回ソチ五輪の男子3枠目には全日本5位だったバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔氏(31)が選ばれたが、混戦の女子で同じことが起こるとは考えにくい。

 残るGP2戦とファイナルで状況が一変することはなさそうなだけに、女子の代表争いは2枠目も一発勝負の色合いが濃くなりそうだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月13日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。