“モリカケ”論戦再スタートで「安倍晋三記念小学校」記載ナシの主張浮上

 国会は週明けから衆参両院予算委員会で“モリカケ”論戦が再びスタートするが「森友学園」の問題をめぐり「安倍晋三記念小学校」の名称がそもそもなかったとの主張が出てきた。

 自民党の和田政宗参院議員(43)が財務省から資料を入手し、22日に公開したツイッターによると、森友学園が開校を目指した小学校の「設置趣意書」に「安倍晋三記念小学校」の記載が実際にはなかったという。

 設置趣意書をめぐっては、5月8日の衆院予算委員会で当時民進党の衆院議員だった福島伸享氏(47)が、財務省が開示した資料の黒塗り部分について「首相名の校名が記されていたのではないか」と追及。朝日新聞は同月9日付紙面で、前理事長の籠池泰典被告(64=詐欺などの罪で起訴)が「『安倍晋三記念小学校』と記載したことを朝日新聞の取材に認めた」と報じていた。

 だが、和田氏が入手した設置趣意書には「開成小学校」と書かれており、安倍首相の名前は記されていなかったという。

「森友学園の小学校設立にあたり設置趣意書に籠池氏が『安倍晋三記念小学校』と記載したと話してきたが、全くのうそだということが判明した。福島議員(当時)が質問したが、全くうその情報を信じ込み、さも本当に書かれているかのように質問した」(和田氏)

 和田氏は23日のブログでも「籠池氏の嘘、朝日新聞は拡散した形になりはしないか」のタイトルで「朝日新聞は、取材に対して籠池氏が認めたとして、黒塗りで隠されている部分は『安倍晋三記念小学校』であるということを、断定的ともとられる形で報じている。朝日新聞は読者と国民に説明すべきではないだろうか」などと指摘した。

 森友学園の国有地売却問題では、会計検査院が22日「売却額がずさんに算定された」とする検査結果報告を公表。週明け、野党は安倍首相や売却に関わった関係者への追及を強める方針だ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“モリカケ”論戦再スタートで「安倍晋三記念小学校」記載ナシの主張浮上」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    うそがばれると開き直るなんて左翼は絶対信じられない危ない人たちだと思う。左翼のどこが博愛友愛平和民主主義なんだ。左翼は詐欺の犯罪集団だと思う。

    10
  • 匿名さん 通報

    こいつ馬鹿か? 名前なんか今更どうでもいいだろ。

    9
  • 匿名さん 通報

    いつも憶測で騒ぎ立てる野党。

    8
この記事にコメントする

もっと読む

「森友学園」に関する記事

「森友学園」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森友学園」の記事

次に読みたい「森友学園」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。