広島の右腕・アドゥワ誠 オフの課題は増量「デブが最高の褒め言葉です」

広島の右腕・アドゥワ誠 オフの課題は増量「デブが最高の褒め言葉です」
アドゥワ誠

【核心直撃】ナイジェリア出身の父と日本人の母を持つ広島の高卒1年目右腕・アドゥワ誠投手(19)は今季、二軍で土台作りに取り組んだ。実戦では9試合に登板し、0勝2敗、防御率10・36。196センチの長身でありながら体重は85キロ。増量という課題を抱えながらも首脳陣の期待は大きい。来春キャンプは一軍スタートが濃厚なダイヤの原石を直撃した。

 ――ルーキーイヤーは一軍を経験せずに終わった。佐々岡二軍コーチに言われてきたことは

 アドゥワ:カーブやチェンジアップなど変化球で逃げてしまう投球が多かったので「基本は真っすぐを投げるように」と。場合によっては「打たれてもいいから球数の9割は真っすぐでいけ」と言われたこともありました。

 ――最速148キロの直球が武器

 アドゥワ:強い真っすぐでコントロールも良ければ、140キロ出なくても打たれないと思うんですよね。質が大事。

 ――どうやって力強い球にしていくか

 アドゥワ:上半身だけで力いっぱい投げてもダメ。速くてもバッターからすれば球が軽いとなってしまいますし、下半身と連動させたフォームを意識しないと。

 ――オフに重点を置くのは

 アドゥワ:これは真っすぐもですが、まずは体づくりです。最終的に(体重は)3桁(100キロ)には届かせないといけないと思ってます。

 ――増量は難しい

 アドゥワ:1週間で5キロ落とそうと思えばできるんですけど、増やすのは…。運動しなかったらみんな増えるじゃないですか。でも、自分は運動しなかったら食欲が湧かないので。ちょっとでも体を動かして食べるようにしています。1日5食は食べてますね。朝、昼、練習後、夕、夜といった感じです。練習後食べて夕食まで時間があまりないんですけど、食後すぐ寝ると太るって聞きますし、寝ることもある。

 ――トレーニング方法にも変化があった

 アドゥワ:ダルビッシュさんのツイッターをフォローしていたり、ユーチューブで見たりしたんですけど、ウエートトレーニング後にプロテインを飲むと思っていたのが、後だと遅いみたいで、ウエート前に飲んで終わってからも飲むといいということだったので取り入れてます。

 ――まずは90キロ台が目標

 アドゥワ:春季キャンプまでには。デブが最高の褒め言葉です(笑い)。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月7日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。