【平昌五輪】ロシア締め出しで東京五輪への影響も

【スイス・ローザンヌ5日(日本時間6日)発】国際オリンピック委員会(IOC)は理事会を開き、国ぐるみのドーピングを理由にロシアオリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる処分を決めた。一定条件をクリアした選手については「ロシアからの五輪選手」として個人資格での参加を容認したものの、フィギュアスケート女子で金メダル候補のエフゲニア・メドベージェワ(18)ら有力選手の参加は不透明。ロシア国内の混乱も避けられず、2020年東京五輪にも影響が出る恐れがある。

 会見に臨んだIOCのトーマス・バッハ会長(63)は毅然とした態度で「五輪に対する前代未聞の攻撃だ」とロシアを非難した。国ぐるみの不正を認定し、ROCのジューコフ会長のIOC委員資格を停止。不正が行われた2014年ソチ冬季五輪当時ロシアのスポーツ相だったムトコ副首相を、五輪から永久追放することも決めた。

 さらに、IOCが調査に要した費用などとしてROCに計1500万ドル(約17億円)の負担を求める厳罰。全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社はロシア選手団が参加しない場合、五輪中継をしないと発表したが、IOCは多額の放映権料の収入を失ってでも、反ドーピングへの断固たる姿勢を貫いた形だ。

 ロシアで開催された前回14年ソチ五輪で、同国による組織的な薬物投与や検体すり替えがあったとの疑惑が昨年浮上。世界反ドーピング機関(WADA)が調査で国主導の不正と認定し、先月までに25人の選手の処分を発表している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク