阪神・大山が社会貢献活動に意欲

 阪神・揚塩健治新球団社長(57)が6日、西宮市内で行われた新人研修会で大山悠輔内野手(22)らに社会貢献を呼びかけた。

 揚塩社長は「社会貢献活動を考えてください。プロ野球選手は社会的に恵まれない人とかに夢や希望を与え、共有してもらえる職業。先輩選手から“10年早い!”と言われるかもしれないが、決してそうじゃない」とプロ1年目からの慈善活動を求めた。一般に、プロ野球選手として成功し、高年俸を手にした選手が社会貢献に積極的だが、今回は異例の要請だ。

 来季2年目を迎える大山は「これから考えていこうと思っています。まずは野球で結果を残さないといけない」と話した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月7日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。