山田裕貴 年上として「現場にいてよかったと思ってもらいたかった」

山田裕貴 年上として「現場にいてよかったと思ってもらいたかった」
山田裕貴(左)と健太郎

 俳優の健太郎(20)と山田裕貴(27)が10日、都内で行われた映画「デメキン」(公開中)の舞台あいさつに出席した。

 映画はお笑いコンビバッドボーイズ佐田正樹(39)の同名の自伝小説・マンガが原作。幼少期に「デメキン」といじめられた佐田が、暴走族「福岡連合」の元総長へと上り詰めるという物語だ。健太郎が主人公の佐田正樹役を、山田はその親友・厚成役を演じた。

 健太郎は撮影を振り返り「(山田に)バディとしてやってもらって、撮影を引っ張ってもらえて良かった」。山田は「今回は年上だし、ちょっとでも山田裕貴が現場にいてよかったと思ってもらいたかった」とうなずいた。

 撮影では、山口義高監督が1カット分のセリフが終わっても、カメラを回し続けていたといい、山田は「セリフの後にも思いを伝えられるのが楽しく、それを楽しみにしていた」と明かした。

 その様子に健太郎は「山田さん、何やってるんだろう…と思っていた」そうだが、同世代の設定だけに「山田さんじゃなくて、裕貴くんでいいから!」と慌てて突っ込んだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山田裕貴 Instagram
  2. 山田裕貴 映画
山田裕貴のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2017年12月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山田裕貴 + 映画」のおすすめ記事

「山田裕貴 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「山田裕貴 + Instagram」のおすすめ記事

「山田裕貴 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中川大志」のニュース

次に読みたい関連記事「中川大志」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。