昨夏の高校野球沖縄大会で雨に消えた勝ちゲーム…浦添商ナインは今

昨夏の高校野球沖縄大会で雨に消えた勝ちゲーム…浦添商ナインは今
当時のジャージーとミットとともに、最後の夏を振り返った金城

【気になるアノ人を追跡調査!野球探偵の備忘録(50)】昨年夏、全国高校野球選手権沖縄大会で起きた「残酷すぎる幕切れ」が話題となった。同大会3回戦・小禄―浦添商の試合で、浦添商が8回の攻撃で逆転し1点リードとしたものの、降雨コールドによって得点が取り消され、7回終了時のスコアである7―8で敗戦。不運な雨に翻弄された浦添商ナインは、今どうしているのか。当時、チームの軸としてナインをけん引した捕手・金城慶也(19)が、あの夏の悲劇を振り返った。

「こんにちは!」。温和な表情で記者を出迎えた金城は、現在沖縄大学の1年生。当初は大学でも野球を続ける予定だったが、入学後すぐ、高校2年生のときから抱えていた手首と肩のケガが悪化し、現役引退を余儀なくされた。今は空いた時間を地元のガソリンスタンドでのアルバイトに充て、日々汗を流している。

「お金を稼ぐことの大変さを知りました。野球をするのにもお金がかかりますし、自分の場合ケガもしていたので余計に…。野球から離れて初めて、今まで支えてくれた親への感謝の気持ちがあふれてきました」

 バットを置いて約半年がたった金城は、今でも高校時代のナインとは交流が続いているという。ただ、そうなるとどうしても話題は“あの日”のことが…。

「今でも、チームのやつらと集まるたびに、あの試合のことは話題になります。口を揃えて言うのが『もう一回試合がしたいなぁ…』と」

 当時3年生だった金城らの代にとっては、あの日が高校最後の公式戦。当然、簡単には受け入れられない現実だった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2017年12月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。