【プロレス大賞】最優秀タッグ賞次点に史上初WWEからノミネートのシン・ブラザーズ 関係者は「えっ」

 最優秀タッグ賞は“インドの怪人”こと前WWE王者ジンダー・マハルの手下、シン・ブラザーズ(サミル&スニル)が次点(2票)に入った。WWEは選考対象外だが「シン兄弟がいたからこそ中邑真輔も輝いた」との声が上がり、特別扱いでノミネートされた。WWE選手の次点はプロレス大賞史上初。推薦した選考委員は「もはや邪道&外道を超えているのだ。そもそもインド人レスラーと日本マット界はだな…(以下略)」とマハル口調で興奮気味に話した。まさかの快挙にWWEジャパンの関係者は「えっ」と絶句していた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「プロレス」に関する記事

「プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プロレス」の記事

次に読みたい「プロレス」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク