三倉茉奈 独身アピール「何かあるといいんですけどね~」

三倉茉奈 独身アピール「何かあるといいんですけどね~」
三倉茉奈(左)と赤井英和

 俳優・赤井英和(58)、女優・三倉茉奈(31)が14日、大阪市の通天閣で舞台「泣いたらアカンで通天閣」(来年2月1~10日、大阪松竹座)製作発表会見に登場した。

 小説家・坂井希久子氏原作の初舞台化。赤井は通天閣を仰ぐ新世界のラーメン店「三好屋」の店主ゲンコ、三倉は娘のセンコを演じる人情ドラマ。脚本・演出を務める女優・わかぎゑふ(58)は「ビターテイストの『じゃりン子チエ』みたいな話で、あえて大阪人にだけ分かればイイやということに徹しました」とコメント。

 赤井は「仕事せんかったり飲んだくれたり、俺にピッタリで地でいけるんやないかと思う。地元の話でもあり、うれしくもあり誇りでもあります」と胸を張ると、新世界を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」でデビューした三倉も「久しぶりに通天閣が舞台の作品に出られて、大阪出身としてうれしく思います」と笑みを見せた。

 赤井と三倉は、昨年上演された舞台「土佐堀川」でも親子で共演。赤井が「あの時は“上品なボンボン”の役でしたけど、今回はアドリブでもいけるかな」と話すと、すかさず三倉が「ちゃんと覚えてくださいよ」と突っ込み。「も、もちろんや」と赤井をたじろがせて、息ピッタリなところを見せつけた。これに、わかぎは、「今の突っ込みの感じの通り、ほぼ、こういう関係の親子設定になっております」と話して笑わせた。

 舞台では、センコが恋愛に振り回される場面も描かれており、三倉は「私もまだ独身なので、いろいろと共感できるところがあって、台本を見て泣いちゃうところもありました」と明かした。

 自身のプライベートについて質問が飛ぶと、横から赤井が割って入り、先ほどのお返しとばかりに「あれ言うたらドヤ、あれ」とニヤリ。「どれやねん! おかしいわ」と逆に三倉を慌てさせた。

 そんな三倉だが「いいお年ごろなので何かあるといいんですけどね~」と多くは語らず。クリスマスの予定については「毎年、東京で独身の同級生と集まったり、(妹の)佳奈の家族と一緒にパーティーしたりなので、今年もいろいろハードになると思います」と話した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 三倉茉奈 Instagram
  2. 三倉茉奈 昼ドラ
  3. 三倉茉奈 結婚
三倉茉奈のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2017年12月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「三倉茉奈 + 結婚」のおすすめ記事

「三倉茉奈 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「三倉茉奈 + 昼ドラ」のおすすめ記事

「三倉茉奈 + 昼ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「平祐奈」のニュース

次に読みたい関連記事「平祐奈」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら