清原と並ぶ推定150メートル弾放った瀬戸内のドカベンの今

清原と並ぶ推定150メートル弾放った瀬戸内のドカベンの今
現在の森田はたこ焼き店を営んでいる

【気になるアノ人を追跡調査!!野球探偵の備忘録】“野球の華”といえばいつの時代も本塁打だが、かつて甲子園であの清原和博と並ぶ推定飛距離150メートルの特大弾を放ち、その体格から“瀬戸内のドカベン”と呼ばれた選手がいた。岡山理大付の「4番・捕手」としてチームを全国準Vに導いた男、森田和也は今どこで何をしているのか。追跡してみると“スーパードカベン”と化していたことが明らかになった。

「打った瞬間のことは、あんまりよく覚えていないんです。試合前のアップとか、ベンチの中でのこととか、試合後のバスまでの帰り道とか、しょうもないことばっか覚えてるんですが…。もったいないなあと思いますけど」

 兵庫・尼崎の小さなたこ焼き店。店と釣り合わない巨体の男性はそう言って笑った。その男がかつて満員の甲子園球場で特大の本塁打を放った森田和也だと知る人は、今ではほとんどいない。

 1999年夏、3回戦の水戸商戦で森田が放った一発はグングン伸び、甲子園のレフトスタンド中段に飛び込んだ。推定飛距離150メートル、翌日の新聞では「歴代最長飛距離」とも伝えられた。

「地方大会からついてた朝日新聞の記者さんがいて、それまで僕が打たなかったもんだから他の地区の担当記者から『お前んとこの4番は全然打たへんなあ』と言われてたそうで。僕が打ったのが相当うれしかったのか、翌朝全紙を買って持ってきてくれたんですよ。毎年、当時のチームメートと集まるんですが、去年、十何年ぶりにその記者さんも来てくれて、昔話に花が咲きました」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月30日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。