早実・荒木大輔、池田・水野雄仁、PL・清原&桑田と甲子園で投げ合った男

早実・荒木大輔、池田・水野雄仁、PL・清原&桑田と甲子園で投げ合った男
グラブを点検する三浦将明氏

【気になるアノ人を追跡調査!!野球探偵の備忘録】今春のセンバツからタイブレークの導入が決まるなど、時代とともに変わりつつある高校野球。だが、かつて甲子園を沸かせたスターたちの輝きは、何年たっても色あせることはない。荒木大輔の早実、水野雄仁の池田、KKコンビのPL学園…。高校野球人気が全盛だった1980年代初頭、一時代を築いた3校すべてと甲子園で投げ合った一人の投手がいる。「Y校」の愛称で親しまれた横浜商のエース・三浦将明が、怪物たちとしのぎを削った3度の甲子園と、あの男への思いを激白した。

「よく“悲運のエース”って言われるんですよ。でも、自分では悲運と感じたことは一度もない。超一流のやつらと対戦できて、こんなに幸運なことはないな…と思ってます」

 エースとして名門・横浜商を2度の甲子園準優勝とベスト4に導いた三浦だが、入学当初は目立った選手ではなかった。約20人いた投手のなかでも球速は一番遅かった。それでも変化球を磨き、エースの座を手にする。三浦いわく、当時の横浜商ナインは「サボりの天才」。表向きはまともに練習をせず、おのおの後輩を引き連れては陰で“秘密の特訓”に興じていたという。

「3年生は自由にメニューが組めるんですが、僕は卓球ばっかりやっていた。投げ込みも『気合の一球』なんて言って、本当に1球しか放らなかったくらい。合宿ではグラウンドから宿舎まで約30キロの帰り道を走らされるんですが、僕とキャッチャー以外はヒッチハイクした軽トラの荷台に乗って帰ってました(笑い)。あるとき宿舎の軽トラを捕まえちゃって、バレて全員強制送還。チーム力がガタ落ちでしたよ」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年1月18日の野球記事
「早実・荒木大輔、池田・水野雄仁、PL・清原&桑田と甲子園で投げ合った男」の みんなの反応 2
  • 名無し 通報

    清原さん 更正頑張って下さい

    0
  • 名無し 通報

    清原さん 頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オールスター」のニュース

次に読みたい関連記事「オールスター」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら