ダル獲り ドジャースが本気も決まらないワケ

ダル獲り ドジャースが本気も決まらないワケ
ダルビッシュは再びドジャースのユニホームを着ることはできるか(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州ロサンゼルス17日(日本時間18日)発】ドジャースからFAになったダルビッシュ有投手(31)の移籍先がスプリングトレーニング開始まで1か月を切ったにもかかわらず決まっていない。ロサンゼルス・タイムズ紙のドジャース番記者、アンディー・マックロー氏が「8年間の番記者キャリアで最も変な冬」と言うように、FA市場の進展は史上最遅だ。

 マックロー氏は「ダルビッシュ有は2018年に戻ってくるか?」と題する記事の中で、ファンから寄せられた「ドジャースはダルビッシュ獲得にどのくらい真剣なのか?」という問いに「ドジャースは実に真剣にダルビッシュと契約しようとしている」と回答した。

 記事によれば、ドジャースが現在、市場に残っているエリク・ホスマー内野手(ロイヤルズFA)、ジェーク・アリエッタ投手(カブスFA)、ロレンゾ・ケーン外野手(ロイヤルズFA)、マイク・ムスタカス内野手(ロイヤルズFA)、アレックス・コブ(レイズFA)らの中で、一番興味を持っているのはダルビッシュだという。フォートワース・スターテレグラム紙は15日(同16日)、ダルビッシュとドジャースが会談したと報じている。

 それでも決まらない理由については、①2018年オフにFAとなるクレイトン・カーショー投手(ドジャース)、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ)、マニー・マチャド内野手(オリオールズ)、アンドリュー・ミラー投手(インディアンス)らの獲得を見据えている。②ダルビッシュを獲得するとなると大型契約の高給取りをさらに減らさなければならない。③現在チームのぜいたく税の上限までは約170万ドル(約1億9000万円)で、ダルビッシュの相場価格をかなり下回る、を挙げた。

 記事は「ヤンキースやカブスやレンジャーズやツインズからもオファーを受けているダルビッシュにとって、そんな低い金額を受けるなんて笑えるはずだが、でもどうやら彼はドジャースがお金を動かしてスペースを作るのを待っているようだ」としている。

 ダルビッシュの移籍先が決まるのはまだ時間がかかりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドジャース 前田健太
  2. ドジャース 名古屋
東スポWebの記事をもっと見る 2018年1月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドジャース + 前田健太」のおすすめ記事

「ドジャース + 前田健太」のおすすめ記事をもっと見る

「ドジャース + 名古屋」のおすすめ記事

「ドジャース + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。