【フィギュア】宮原 織田監督の傷口に塩?

【フィギュア】宮原 織田監督の傷口に塩?
平昌五輪に臨む宮原は激励を受けた

 フィギュアスケート女子の平昌五輪代表、宮原知子(19)が18日、スケート部の織田信成監督(30)らとともに所属の関西大学で記者会見に臨み、初出場となる五輪への抱負を語った。会見前には非公開で行われた壮行会に出席した。

 昨年12月の全日本選手権で4連覇を果たし、五輪切符をつかんだ宮原は「年末年始は体を休養させることを重視して過ごしました。今は練習量を徐々に増やしている。大舞台に立てることに感謝しながらベストを尽くしたい」とし、結果と同時に「見る人を感動させる演技」を目標に掲げた。

 一方、織田監督は宮原とのエピソードを披露。「2年前に高校の卒論のためということで『五輪には魔物はいますか?』と聞かれて“俺に聞くかな?”って内心苦笑いでした。『魔物もいるけど、女神もいる』と答えたと記憶しています」

 織田は出場した2010年バンクーバー五輪のフリー中に靴ひもが切れ、演技を中断した苦い経験がある。すでに笑い話になっているようで、平昌五輪に向け「靴ひもだけはしっかり結んで」と珍アドバイス。これを受けて宮原は「靴ひもは切れる前に替えたいと思います」と苦笑いだった。

 宮原は五輪前、最後の試合として24日開幕の四大陸選手権(台北)に出場する。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【フィギュア】宮原 織田監督の傷口に塩?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    宮原さんしっかりしてる。正論だけに織田監督も、何も言えずに苦笑いかな(笑)?

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。