【ブルーリボン賞】新人賞・石橋静河「母と同じ賞もらえてうれしい」

【ブルーリボン賞】新人賞・石橋静河「母と同じ賞もらえてうれしい」
悔しさをバネにしそうな石橋

【第60回ブルーリボン賞・新人賞=石橋静河(23)「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」】 父が石橋凌、母が原田美枝子と、両親ともに俳優という家庭で育った。「やっぱり小さいころから役者という職業は特別でした。親を見て『大変そうだからやらない』と思ってたんですけどね」。原田は第19回ブルーリボン賞(1976年)で新人賞を受賞。「同じ賞をもらえるのは非常にうれしい」と笑顔を見せた。

 映画初主演にして新人賞を獲得した石橋だが、この作品の撮影が終わった直後は“女優引退”まで考えたという。「終わった後は、何一つ満足に監督の要望に応えられなかったという思いが強くて、悔しい思いでいっぱいでした。辞めた方がいいかもしれない、自分は向いてないな、と。ペシャンコになってました」

 ところがブルーリボン賞だけでなく、各映画祭で新人賞の受賞ラッシュとなった。「自分の中ではビックリ。『自分がお芝居をする場所に居ていいんだな』と思えました。でも自分の中で、悔しさは消えてないですけど」

あわせて読みたい

記事提供社から

「【ブルーリボン賞】新人賞・石橋静河「母と同じ賞もらえてうれしい」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    (23)……なのに漂うベテラン感。黒木華以上の昭和顔にびっくり。

    3
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。