貴乃花親方“無断テレビ出演”で心境激白の波紋

貴乃花親方“無断テレビ出演”で心境激白の波紋
貴乃花親方

 大相撲でざわめきが収まらない。貴乃花親方(45=元横綱)が7日夜、テレビ朝日系「独占緊急特報!! 貴乃花親方すべてを語る」に出演。日本相撲協会の理事候補選挙(2日)での惨敗や、元横綱日馬富士(33)による弟子の貴ノ岩(27)への傷害事件などについて心境を明かした。お茶の間は渦中にいる「平成の大横綱」の激白にクギ付けとなったが、今回のテレビ収録は相撲協会の了承を得ておらず、事実上の“無断出演”だったことが判明。角界内で大きな波紋が広がっている。

 今回放送された緊急特番はインタビュー形式で収録。2日の日本相撲協会の理事候補選挙(定員10人、立候補11人)で獲得2票で惨敗したことについては「すっきりしています。やるだけやった。私が出ていなかったら10人(無投票)で収まっていた。“1票でもいく(出馬する)”と言ったことを体現するだけ」と落選覚悟で立候補した意義を強調した。

 昨年の秋巡業中に日馬富士が弟子の貴ノ岩に暴行を加えた事件にも言及した。貴乃花親方は巡業部長の立場にありながら相撲協会へ報告せず、独断で警察に被害届を提出。その後は協会による貴ノ岩への聞き取り調査の要請を再三にわたって拒否した。貴乃花親方は番組の中で、貴ノ岩が重傷のため調査に応じられないことなど、約20通の意見書を協会へ提出していたことを明かした。

 その上で「被害者の貴ノ岩は何ら弁明すら機会を与えられていない。公平性に欠けているところに協会に対して強い疑問を抱いている。(協会の調査への)拒否ではなく報告書なり回答書なりで毎回、お返ししている」と相撲協会に対しての反論や不信感を口にした。インタビュアーの山本晋也監督(78)から「(相撲協会から)被害届を取り下げる要請があったのですか?」と強く質問されると「そうですね。そういうことです」とも認めた。さらに「そこに同席した力士が土俵に上がるのは神事に反する」と暴行現場に居合わせた横綱白鵬(32=宮城野)らを痛烈に批判する場面もあった。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年2月8日のスポーツ総合記事
「貴乃花親方“無断テレビ出演”で心境激白の波紋」の みんなの反応 61
  • 匿名さん 通報

    相撲協会に出演の許可を貰いに行ったところで、どうせ了承しないんでしょう?

    142
  • 匿名さん 通報

    無断も何もしょうがないでしょう。話のできる執行部と違うのは素人目でもはっきり分かるわ。でも、貴乃花親方には、国民に事実は伝えなきゃいけないという使命感がありますからね。

    123
  • 匿名さん 通報

    貴乃花親方がんばれ! 日本の文化、神事、国技である相撲を守ってください。本当に腐っている。執行部の方々って本当に日本人なのでしょうか?

    117
  • 匿名さん 通報

    で、今度はどんな恫喝をしてくるのかな、協会側。

    100
  • 匿名さん 通報

    相撲の神様「のみのすくね」の話から相撲の意味を説明してくださり、相撲に興味がわきました。もう日本人だけで細々と日本人魂でやるほうが良いと思います。本来の相撲に戻してほしいです。

    99
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。