国外脱出のインラック・タイ前首相 優雅な逃亡生活

国外脱出のインラック・タイ前首相 優雅な逃亡生活
タイのインラック前首相(ロイター)

 国外逃亡中のインラック・タイ前首相(50)の日本“潜伏”が報じられ、騒ぎになっている。タイのプラウィット副首相(72)が地元最大手紙に明かしたもので、兄のタクシン元首相(68)と行動を共にしているとみられる。「日本に亡命か」との未確認情報も流れているが追跡してみると、国外逃亡というには程遠い優雅な日本滞在をしているという。どういうことなのか。

 共同通信は関係者らの情報として、インラック氏とタクシン氏は13日に日本を出国し、香港に向かった。私的な訪問で10日に日本を訪れ、東京に滞在した。入国は日本政府が特別に許可。インラック氏は英国に亡命申請中だという。

 インラック氏は兄同様、反タクシン派勢力によるクーデターで政権を追い落とされた。しかも、兄妹揃って汚職の嫌疑をかけられ、裁判で有罪となり、兄は2008年から、妹は昨年から国外逃亡中。だが「政治闘争の一環で、不当な裁判」と見る向きもあり、そんな批判をかわすため、現軍事政権は兄妹を刑務所には入れず、国外逃亡の機会を与え、見て見ぬふりをすることで、落としどころとしたといわれる。

 インラック氏は、兄が拠点にしているドバイや英国を行き来していたとされるが、昨年10月、軍事政権は同氏のパスポートを無効にしたという。では、どんな手段で海外を渡り歩いているのか。

 タイの政情に詳しい記者は「兄のタクシンもパスポートを無効にされ、懇意だった英国からもビザを取り消されたが、財力と政治力にモノをいわせ、モンテネグロ、ニカラグア、ウガンダと3つのパスポートを取得したとされる。“親友”フン・セン首相のカンボジアからのバックアップもあるのでは? インラックも、今はドバイを拠点にしている兄と合流し、同様に他国のパスポートを取得した可能性がある」

...続きを読む

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年2月15日の社会記事
「国外脱出のインラック・タイ前首相 優雅な逃亡生活」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    いいねぇ、金があれば祖国を追い出されても楽しくやってける。問題はその金どうやって作って維持してるかだけど、、、。

    5
  • 匿名さん 通報

    しかしそれが庶民から搾り取ったものなら尊敬できない

    5
  • 匿名さん 通報

    普通に考えれば兄の投資資金だと思うが。その金の出処がタイの税金の可能性もあるしな、日本は見て見ぬ振りだろう、軍事クーデターが起きるというのはタイでは独裁化を防ぐ為の暗黙の了解だし

    4
  • 匿名さん 通報

    外人が日本でキャッキャ喜んでるのYoutubeで見て行先を決めたと推測

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。