始動TPE48仰天プラン“バーチャルメンバー”加入も

始動TPE48仰天プラン“バーチャルメンバー”加入も
阿部マリア(右)とチウ・ピンハン

 AKB48の新海外姉妹グループで台湾・台北を拠点とする「TPE48」が始動した。4日に台北市内で1期生オーディション最終審査が行われ、合格者45人が決定。今夏のCDデビューも予定しているが、そんなTPEは他の48グループにはない斬新な計画がめじろ押しだ。その一つが“バーチャルメンバー”。実在アイドルと架空アイドルが、センターを争う総選挙も現実味を帯びてきている。

 TPE48は最終審査合格者の45人と、AKBから移籍した阿部マリア(22)を含めた計46人で始動。その中には、早くも“台湾のまゆゆ”と話題の邱品涵(チウ・ピンハン=18)や、日本から海を渡ってオーディションに挑戦した福岡県在住の中学3年生、小山美玲(15)の姿もあった。

 審査に参加した秋元康総合プロデューサーは「好きなように生きたり、好きなものを極めたり、自分たちの色を作ることが大切。それがTPE48の色になる」と説いた。

 台湾人の祖母を持つクオーターの小山は「日本の良さを伝え、台湾と日本をつなげるような存在になりたい」と宣言した。TPEは5月に初のファンミーティング開催を予定。夏にはCDデビューを計画し、年内にも劇場公演デビューを視野に入れる。

 さらに、台北近郊の農村でメンバーが自給自足生活をする様子をネットで生配信し、ファンとともに「TPE村」を開村することも発表した。

 そんな自然重視のTPEだが、従来の48グループにはない“テクノロジー”を掲げることにもなりそうだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年2月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。