大阪・堺市“第3のギョーザ市”急浮上ってホンマ?

大阪・堺市“第3のギョーザ市”急浮上ってホンマ?
龍華山のギョーザ

「ギョーザ日本一」争いで浜松市と宇都宮市が激しいバトルを繰り広げている中、“異変”が生じた。総務省が先日発表した2017年の家計調査によると、都道府県庁所在市や政令指定都市を対象とした1世帯(2人以上)当たりのギョーザの購入金額で、宇都宮(4258円)が4年ぶりに1位を奪還。浜松に次ぐ3位に大阪・堺市が急浮上したことが話題を呼んでいる。当の堺市民たちに実感はないのだが…。

 ギョーザの支出金額は、昨年まで3年連続で浜松市が1位だったが、前年の4818円から3582円へと急落。一方、宇都宮市は約400円の落ち幅にとどめ、13年以来の首位に返り咲いた。

 そんな2強に次ぐのが堺市だ。14~16年の平均支出金額は2340円で9位。16年は単年で2285円で17位だったが、17年は3091円と前年から大きく伸ばして、大手チェーン「餃子の王将」の地元・京都市(4位)などを退け、3位にジャンプアップした。

 要因が気になるが、当の堺市民は「そうなん!? ギョーザは好きやけど、他の人より格段に食べとる印象はないけど」「ホンマに? ご当地ギョーザとかも聞いたことないし、ギョーザの町ってわけでもないと思う」と実感はなし。

 堺市役所も「私たちも何で?という感じです。『龍華山』さんという持ち帰り生ギョーザ専門店が、テレビにも取り上げられて大人気とは聞いてますが、コレという根拠がわからない」という。

 そもそも、総務省の家計調査の集計方法は実態にそぐわないとも言われる。というのも、この調査でのギョーザは品目別で「調理食品」の中に分類され、別の項目には「冷凍調理食品」もある。また、外食は別品目。さらに、2人以上の世帯の支出が対象で、独身世帯は対象外なのだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年2月20日の社会記事
「大阪・堺市“第3のギョーザ市”急浮上ってホンマ?」の みんなの反応 72
  • 匿名さん 通報

    そもそも餃子はどうでもよい。

    12
  • 匿名さん 通報

    知らないところで数値化されて勝手に祭り上げられただけなのに 「おこがましい」だの「話題になれば何でもいい」だの酷いな

    9
  • 匿名さん 通報

    餃子は中国。東京だの大阪だのおこがましい。

    6
  • 匿名さん 通報

    餃子は東京。宇都宮だの大阪だのおこがましい。

    5
  • 匿名さん 通報

    中国のものでも広島のものでも福岡のでも京都のでも大阪のでも名古屋のでも、未来には元祖とか発祥とか主張して売ってるのが、レ●プworstトンキン土民賊国(恥知らずの極み)w食文化までレ●プするやつらww

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュース

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。