過去最高速度超過で逮捕「235キロ暴走男」に“伝説の最速王”がダメ出し

 トンデモ暴走男が逮捕された。警視庁交通執行課は1日、都内の会社員・白井良宗容疑者(41)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。法定速度100キロの中央自動車道を時速235キロで走行。スピード違反で検挙されたケースでは過去最高速とみられる。同容疑者は車の前ナンバーを外し、速度違反自動監視装置(オービス)に対して中指を突き立てる挑発ポーズまでしていた。これに黙っていられなかったのは、“非公式”ながらフェラーリで公道を320キロで爆走し、同じく速度超過で逮捕された“伝説の男”切替徹(きりかえ・とおる)氏(70)だ。

 その男は悪びれる様子もなく、笑顔を見せながら連行されていった。

 1日に逮捕された白井容疑者。2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の中央自動車道で、法定速度を135キロも上回る235キロで車を運転した疑いが持たれている。スピード違反で検挙されたケースとしては、過去最高速度とみられる。

 白井容疑者が乗っていたのは、アメ車の「ダッジ・チャレンジャー」。排気量6400ccのモンスター級スポーツカーで、人気カー映画「ワイルド・スピード」シリーズにも登場する。

 映画の中ならば、いくら速度超過しても構わないが、実際の公道でそれをやっては捕まるのも当然。しかも、白井容疑者は車の前ナンバーを外して走行し、オービスに向けて中指を立てる悪質ぶり。逮捕後、警察に連行される際には、不敵な笑みすら浮かべていた。警察の調べに白井容疑者は「自分かどうかわからないのに認めません」と容疑を否認。一部では「180キロを超えるとオービスでも追いきれない」という都市伝説もあるが、捜査関係者によると「バッチリ判別できる」という。往生際が悪いとはこのことだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク