次男急死で憔悴・北島三郎の「今後」に不安の声

次男急死で憔悴・北島三郎の「今後」に不安の声
拡大する(全1枚)
涙ながらに質問に答える北島三郎

 愛する息子に先立たれたサブちゃんは大丈夫なのか――。演歌の大御所、北島三郎(81)の次男、大野誠さんが3日に遺体で発見されていたことがわかった。51歳だった。心不全とみられる。誠さんは元ミュージシャンでその才能は北島も認めており「よき相方だった」と語るほど。昨年引退した愛馬キタサンブラックにちなんだ歌を作ろうと、父子で約束したばかりだった。7日に会見を開いた北島の憔悴ぶりを見た音楽関係者は「あまりにショックが大きすぎて…」と思わず今後への不安を口にしている――。

 所属事務所によると、所属歌手・大江裕の新曲を誠さんに頼んでいたという。曲を作りだすと、スタジオも併設している自宅に「こもって集中するタイプ」(事務所社長)だったが、全く連絡が取れなくなり、社長が警察立ち会いの下、3日に自宅を訪れた際、自宅内で倒れている誠さんを発見。状況から事件性などはなく、その日の午後9時ごろに社長から北島へ電話で報告された。

 会見場に現れた北島は「あの大事な、大好きなかわいい自分のわが子…先立たれてしまうのがこんなにつらいとは…」と声を振り絞った。

 誠さんは1988年にバンド「1st BLOOD」のボーカルとしてデビュー。その後は創作活動に専念し、大地土子(だいち・とこ)のペンネームでNHK・Eテレの人気アニメ「おじゃる丸」のオープニングテーマで北島が歌う「詠人」や、北島と北山たけしのデュエット曲「路遥か」などを手掛けていた。北島の曲の著作権を管理する北島音楽出版の役員も務めた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

北島三郎のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北島三郎」に関する記事

「北島三郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北島三郎」の記事

次に読みたい「北島三郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク