【森友決裁文書改ざん】自民党のプリンス・小泉進次郎氏 安倍首相に“三くだり半”?

 予想通りと言ってしまえばそれまでだが、自民党関係者は「安倍首相は麻生氏を辞任させる気はない。麻生氏を更迭したら、内閣が持たないからだ」と解説する。だが、党内には“ポスト麻生”は政調会長の岸田文雄氏で、岸田さんの代わりは、安倍首相に近い甘利明元経済再生相という声もある。もちろん2人が、安倍首相の要請を聞くかどうかは微妙のようだ。

 そんななか、気になるのが筆頭副幹事長を務める小泉進次郎氏だ。12日深夜、永田町で報道陣の取材に対し「自民党は官僚に責任を押し付ける政党ではない!」と安倍内閣の対応に激怒した。

 進次郎氏といえば、今年1月に党本部で行われた仕事始めで安倍首相と談笑する姿が目撃されている。だが、安倍首相が麻生氏を辞任させない意向を示したことから、9月に行われる自民党総裁選で「反旗を翻す?」と予測する関係者もいる。

「進次郎氏は、党内でどこの派閥にも所属しない“一匹狼”。ところが今月1日、若手議員30人を集め“2020年以降の経済社会構想会議”というグループを結成した。進次郎氏は『総裁選と全く関係ない』と語っているが、各派閥は警戒している」と話すのは前出の自民党議員だ。

 肝心の安倍首相は、こんな進次郎氏の動きについて「筆頭副幹事長に任命して、将来の総理総裁候補として育てているのに恩をあだで返すつもりか…」と全く理解していないという。

 そんな安倍首相の周辺では「進次郎氏は森友問題で安倍首相に三くだり半を叩きつけた?」というキナ臭い話もささやかれているというが、果たして…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年3月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「森友学園」のニュース

次に読みたい関連記事「森友学園」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら