協会は告発状より問題視 貴親方“無断欠勤”問題の深刻度

協会は告発状より問題視 貴親方“無断欠勤”問題の深刻度
稽古後に取材を受けた貴乃花親方

 大相撲春場所3日目(13日、大阪府立体育会館)、渦中の貴乃花親方(45=元横綱)は3日連続で会場に姿を現さなかった。同親方は9日に元横綱日馬富士(33)の傷害事件に関する日本相撲協会の対応をめぐり「重大な疑義」があるとして内閣府の公益認定等委員会へ告発状を提出。同委員会は受理し、調査に乗り出すことになった。この動きに相撲協会は現時点で静観の構えで、むしろ「欠勤問題」のほうを深刻に見ている。いったい、どういうことなのか?

 公益法人である日本相撲協会を所管する内閣府の梶山弘志担当相(62)は13日、貴乃花親方が提出した告発状を9日付で受理したことを明らかにした。その上で「告発状の指摘を含めて委員会の事務局が調査する。(協会が)公益法人としての体裁を整えているかという視点で調査する」と話し、協会関係者から事情を聴く見通しを示した。

 相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)は「(内閣府から)いつ話が来ようが、何も。しっかりやっているので全然問題ない。公明正大にやってます」と話しており、現時点では静観の構え。すでに協会は調査内容の詳細や処分理由を公表しており、適正に対応したとの自負がある。春場所にぶつけるタイミングで告発状を提出したことの是非は別にして、角界内ではすでに「解決済み」の問題と受け止められている。

 協会が「深刻」としているのは、むしろ欠勤問題のほうだ。本場所開催中、全親方衆は会場に出勤する義務があるなか、貴乃花親方は初日(11日)を“無断欠勤”。この日を含めて3日連続で姿を見せなかった。広報部長の春日野親方(55=元関脇栃乃和歌)は2日目(12日)に貴乃花親方からファクスで欠勤理由の通知を受けたことを認めた上で「こちらから(協会の見解を)返答はした」と文書でやりとりを交わしていることを明かした。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 日馬富士 引退
  2. 日馬富士 暴行
東スポWebの記事をもっと見る 2018年3月14日のスポーツ総合記事
「協会は告発状より問題視 貴親方“無断欠勤”問題の深刻度」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    貴乃花はまるで子供だね。駄々っ子だね。もう誰も相手にしない。アホ、バカの見本。

    12
  • 匿名さん 通報

    ルールを守らない以前に、あれだけ被害を受けた弟子に対して、現場にもいなくて再発したらどうするの?電話とかで医者と連絡を取るだけでは不十分だろう。それだけでも人間として失格だろう。

    9
  • 匿名さん 通報

    やっぱり、あたま悪かったのかな。

    8
  • 匿名さん 通報

    協会もわざと問題を大きくしてる感があるし、お互いに大人になれないのかな?

    5
  • 匿名さん 通報

    出席したら大騒ぎになりそうだね~。マスコミやらTVやらの、相撲と関係ないところで…

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「日馬富士 + 引退」のおすすめ記事

「日馬富士 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「日馬富士 + 暴行」のおすすめ記事

「日馬富士 + 暴行」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横綱」のニュース

次に読みたい関連記事「横綱」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。