文大統領「長期政権」の野望 改憲なら韓国は北にのみこまれる?

文大統領「長期政権」の野望 改憲なら韓国は北にのみこまれる?
韓国の文在寅大統領(ロイター)

 韓国の文在寅大統領(65)は13日、現行の5年1期限りの大統領任期を4年2期まで務められる憲法改正案を21日に発議する方針をまとめた。北朝鮮寄りの文政権が長期化すれば、韓国は北朝鮮にのみこまれてもおかしくない事態を迎えるという。

 韓国の大統領制は、朴正熙政権で長期独裁を招いた教訓から1988年の盧泰愚政権より任期5年の1期限りと定めてきた。ところが、日本で自民党の総裁任期が連続2期6年から連続3期9年に延長されたり、中国では2期10年の国家主席任期が撤廃されるなど、東アジアで長期政権の流れが相次いでいることに便乗する形で、文大統領も4年2期へと変更を企てているのだ。

 北朝鮮事情に詳しい拓殖大学客員研究員で元韓国国防省北朝鮮分析官の高永チョル(チョルは「吉吉」=コウ・ヨンチョル)氏は「文大統領は自身を中国の習近平国家主席の言う通りに動いている子分だと言ってはばからない。そのうえ平昌五輪や米朝交渉の対応を見ての通り、北朝鮮の金正恩の操り人形状態になっている。もし任期が4年2期になれば、韓国は中国と北朝鮮の顔色を見ながらの社会主義国家になってしまうのではないか」と指摘する。

 改憲には国会での議決が必要で、カギとなるのは国内世論だ。文大統領は米朝会談を実現させることで、国内支持を高め、あわよくばノーベル平和賞を狙っているともいわれる。

「文政権の支持率は70%と言われているが、韓国メディアのほとんどは左派系で、数字は改ざんされ、実質は20~30%といったところ。従北外交には右派からの反対はすさまじく、米朝交渉でも北朝鮮と一体となって、米側をだましているとなれば、反対世論は一気に高まるでしょう」(高氏)

 朴槿恵前大統領は懲役30年を求刑されるなど、韓国の歴代大統領はいずれも悲惨な末路を迎えている。我が世の春を謳歌する文大統領だが、改憲の野望も米朝会談次第で大コケとなりかねない。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年3月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。