懲りない昭恵夫人 KY言動連発で安倍一族から“排除”か

懲りない昭恵夫人 KY言動連発で安倍一族から“排除”か
拡大する(全1枚)
昭恵夫人(ロイター)

 一体何を考えているのか…。学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改ざん問題で、再び渦中の人となった安倍晋三首相(63)夫人の昭恵氏(55)。騒動のさなか、フェイスブックに届いた「野党のバカげた質問ばかりで旦那さんは毎日大変ですね」という投稿に「いいね!」クリックを行うなど、相変わらずのKYぶりだ。トンデモ言動を繰り返す昭恵氏は、身内からも総スカン状態。なかでも首相の母で安倍一族の“ゴッドマザー”洋子さん(89)はすでに昭恵氏を見限っており、一族から“排除”される日も近いという――。

 アッキーは不変だ。財務省による決裁文書書き換えが事実であると判明し、永田町は大混乱。改ざん前文書には昭恵氏の名前も記されており、野党は改めて同氏の証人喚問を求め、与党は引き続き拒んでいる。いわば彼女は主人公の一人だ。にもかかわらず…。

 フェイスブックに届いた「野党のバカげた質問ばかりで、旦那さんは毎日大変ですね。国会には、世間には先を読めない人が多すぎますね」という投稿に対し、昭恵氏のアカウントから「いいね!」ボタンが押されていることが発覚、周囲をあきれさせているという。

 投稿のあった11日は財務省が決裁文書の書き換えを認める前日。夫を擁護するつもりだったのだろうが、いくらなんでもタイミングが悪すぎる。

 昭恵氏は近畿財務局の森友担当職員の自殺が判明した9日にも、フェイスブックで「3月8日は国際女性デー。HAPPY WOMANのイベントに参加しました」と、ノリノリで報告。自殺の一報が耳に入っていてもおかしくない時間帯で、ネット上では「不謹慎すぎる」と大炎上した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森友学園」に関する記事

「森友学園」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森友学園」の記事

次に読みたい「森友学園」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク