平浩二の新曲は妻が作詞作曲「酷似騒動の心配なし」

平浩二の新曲は妻が作詞作曲「酷似騒動の心配なし」
平浩二と作詞作曲をした妻のTAKAKO

 歌手の平浩二(69)が15日、都内で新曲「最終便」(28日発売)の発表会見を、作詞作曲担当した妻のTAKAKO(62)とともに行った。

 TAKAKOの本名は淑子さん。1980年に結婚してから専業主婦となり音楽制作に関わったことはなく、本人いわく「素人」だという。それでも、出来上がった作品をスタッフが聞きほれ、シングル曲として完成した。

 平は「ピアノもしていたし、夫婦の会話の中ではやってみればという話はしたことがあるし、できるような気がしていた」という。完成度には「なかなかやるな、と思いましたね。自分でもビックリした」と満足している。

 TAKAKOは「いつも考えているのは、平浩二のことだけ。夫にどういう曲がいいか、どういう曲が合っているか考えて、自分の集大成として出来上がった」という。

 来年は歌手生活50周年を迎える平。「もう来年は70歳にもなるし、そんなに、あとがあるわけでないので、今の時を大事にしたい。燃え尽きるつもりで歌いたいね」と意気込んだ。

 また、2015年にはシングル「愛・佐世保」のカップリング曲「ぬくもり」の歌詞が、「Mr.Children」のヒット曲「抱きしめたい」酷似していることが発覚。シングルを回収する騒動になった。平は「人生はドラマだと思った。いま考えても、あの件に関してはビックリした。ただ、知らぬが仏とはできないんで、僕にも責任はありますが、本当にビックリです」と振り返った。自身も作曲作詞をしているが「作るときは緊張する。メロディーが似てないかとか、また似ちゃうんじゃないかとかね」。今回は妻の作曲作詞なので、「女房だったら安心しますね」と話した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年3月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。