カンボジアPKOから25年…復興タケオで“遺跡化”する自衛隊宿舎

カンボジアPKOから25年…復興タケオで“遺跡化”する自衛隊宿舎
今や廃墟と化した自衛隊宿舎。中は荒れ放題で棚には日の丸が見える

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】日本政府はさる16日に閣議決定した答弁書で、アフリカ・南スーダンのPKO(国連平和維持活動)に派遣された自衛官のうち、2人が帰国後に自殺、1人が傷病で死亡していたことを明らかにした。

 自衛隊のPKO参加には紛争当事者間の停戦合意など一定の安全を考慮した5原則がある。果たしてそれは守られていたのか? 以前、派遣部隊作成の日報がほとんど黒塗りのまま公開された問題も結局ウヤムヤのままだ。森友問題だけでなく、この件も安倍内閣は説明責任を迫られている。

 今でこそ定着しているPKOへの自衛隊派遣。その第1回は1992年のカンボジアだった。内戦が終結した同国の治安維持や選挙の監視などを行うためUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が設立され、その一環として自衛隊が道路補修や物資輸送、医療などの業務に当たることになった。自衛隊のPKO初参加で、日本は賛否両論が渦巻いた。

 この最初の任務が翌93年に終わり、今年で25年の節目。当時、自衛隊の宿営地だったのがカンボジア南部のタケオだ。今ではすっかり平和を取り戻し、タケオ州の州都としてにぎわっている。荒れ果てていた道路も整備され、首都プノンペンまでは快適なドライブで2時間。近郊にはアンコールワットの流れをくむ遺跡群があり、雨期に出現する巨大な湖で取れる手長エビが名産だ。観光開発も進みつつある。

 自衛隊宿舎は四半世紀がたち遺跡化。タケオ市街から南に3キロほど、今はサッカー場の一角で野ざらしになっている。周囲には背の高いサトウヤシが生い茂り、放牧牛が草をはみ、のどかだ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年3月23日の社会記事
「カンボジアPKOから25年…復興タケオで“遺跡化”する自衛隊宿舎」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自衛隊のワイセツ事件も多い。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。