【フィギュア世界選手権・女子フリー】樋口「銀」宮原「銅」で11年ぶりW表彰台

【フィギュア世界選手権・女子フリー】樋口「銀」宮原「銅」で11年ぶりW表彰台
銀の樋口(左)と銅の宮原。女子では07年の安藤美姫、浅田真央以来、11年ぶりのW表彰台となった(ロイター)

【イタリア・ミラノ23日(日本時間24日)発】フィギュアスケートの世界選手権・女子フリーで、樋口新葉(17=日本橋女学館高)がノーミスの演技で145.01点をマーク、合計210.90点とし、ショートプログラム(SP)8位からの大逆転で銀メダルを獲得した。平昌五輪の代表落ちを経験した次世代のエース候補が大きく飛躍。銅メダルの宮原知子(19=関大)とともに表彰台に立った。優勝はSP4位のケイトリン・オズモンド(22=カナダ)で223.23点だった。

 最終グループのひとつ前、第3グループ最終滑走の樋口が完璧な演技を披露した。冒頭の3回転サルコーを決めると、3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプもクリーンに着氷。演技後半に組み込んだ4つのジャンプも一つひとつ丁寧に成功させた。

 演技を終えると両手を上げてガッツポーズ。口元は明らかに「ヤッター」と動いていた。暫定首位となる得点が出ると、こらえていた涙があふれ出す。これまでの悔しさが詰まった涙だった。

 平昌五輪の枠取りがかかった昨年の世界選手権は宮原がケガで欠場。初出場の樋口らに大きな期待がかかった。そんななかSPで9位と出遅れるとフリーではさらに失速し11位。日本は3枠確保に失敗した。誰か一人の責任ではないが、樋口はその重みを痛感していた。

 今回は宮原と2人で出場し、順位の合計は「5」。条件の「13」以内をクリアし3枠を奪回。樋口は「本当に良かったです」と安堵の表情を浮かべた。日本女子の世界大会ダブル表彰台は、安藤美姫が初優勝し、浅田真央が2位に入った2007年以来11年ぶり。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【フィギュア世界選手権・女子フリー】樋口「銀」宮原「銅」で11年ぶりW表彰台」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    おめでとう

    1
この記事にコメントする

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. フィギュアスケート 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。