柳沢慎吾が日本一長い始球式「いい夢見ろよ」

 タレントの柳沢慎吾(56)が31日、横浜スタジアムで行われたDeNA―ヤクルト戦の試合前に登場した。

 背番号45のDeNAのユニホームを着てグラウンドに姿を現すと「2年ぶりに戻ってきました」とファンにあいさつ。「今日は短めにと言われたので、短めにやろうと思います」と話し始めたが、甲子園の高校野球を舞台とした早実対横浜の一人コントを披露。

 横浜高が1点リードで迎えた9回、打席には横浜高出身の乙坂智外野手(24)、捕手は佐野恵太内野手(23)、伝令には柴田竜拓内野手(24)が登場し、ピンチでナインが集まる場面では、この3人のほかに楠本泰史外野手(22)も参加した。

 投手・柳沢が投げたボールを打者・乙坂が空振りして、横浜高の全国制覇で試合が終了。しかし、柳沢劇場はこれで終わらず、表彰式として優勝旗とメダルの授与まで行った。最後は決めゼリフの「いい夢見ろよ」「あばよ」で決めて、日本一長い始球式は幕を閉じた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年3月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。