米ユーチューブ本社銃撃事件 自殺の女容疑者は投稿動画を制限され恨み?

 米西部カリフォルニア州サンブルーノにある世界最大の動画投稿サイト「ユーチューブ」本社で起きた銃撃事件で、自殺した女ナシム・アフダム容疑者(39)について、複数の米メディアが「容疑者は投稿動画の公表をユーチューブに制限され、収入が断たれたなどとして恨みを抱いていた」と報じた。

 本紙昨報通り、地元警察によると、少なくとも男女3人が負傷した。うち男性1人が重体。容疑者の女は現場で自殺した。

 地元警察や連邦捜査局(FBI)が詳しい動機などを調べているが、アフダム容疑者が「同社と長い間モメていた」との報道もある。動画の再生回数に応じて広告収入を得てきた同容疑者と、不適切な動画閲覧を規制するユーチューブとのトラブルの可能性が高まっているのだ。

 地元警察は、同州サンディエゴ在住のアフダム容疑者は負傷した3人とは面識がなく、特定の人物を狙った犯行との根拠はないと明らかにした。同容疑者はインターネット上に「ユーチューブは私のチャンネルを見せないようにしている」などと書き込んでいたという。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク