盗撮目的の民泊業者にご用心 被害に遭わないためのお勧めグッズ

 エロ目的で民泊を始める不届き者が増えている。福岡県警博多署は4日、無許可で民泊を営み、客を盗撮したとして、旅館業法違反(無許可営業)と軽犯罪法違反容疑で、福岡市早良区の不動産会社役員の男(48)を書類送検した。

 昨年6月27~28日、同市博多区の所有マンションで民泊を実施して、寝室に火災報知機型のビデオカメラを取り付け、宿泊した韓国人カップルの様子を隠し撮りした疑い。

 韓国人の2人が報知器の隠しカメラに気づき、退室日に韓国総領事館へ通報した。会社役員は「防犯目的で設置した」と容疑を否認したが、のぞき見目的だったことを後に認めたという。2016年8月から、この部屋で宿泊客を受け入れていた。

 犯罪事情に詳しい人物は「民泊を利用する場合、盗撮・盗聴は『絶対にされている』と思った方がいい。オーナーが個人的に楽しむだけでなく、動画流出のリスクもある。ラブホ・温泉・更衣室・トイレなどが主流だった盗撮動画が、最近は民泊の客を標的にした動画にとってかわりエロサイトに多数アップされるようになった」と語る。

「大手民泊仲介サイトを利用して客を募る際に、男性客を除外して、カップルか女性客だけ泊める場合も少なくない。日本人女性だけでなく、観光目的のブロンド美女や韓国美女の着替え姿や、彼氏との性行為をのぞき見する。男性も被害者にならないことはない。安心して眠るため、盗撮・盗聴チェッカーの購入をおススメする」(前同)

 一方、男性客にとってはムフフな出会いがあることも。シンガポールへの出張で民泊を使った男性は「オーナーは20代後半のエキゾチックな美女で、ゲストは私1人きり。リビングで一緒に酒を飲むうち、男女の関係になった」とラッキー体験を明かす。「翌日から他の客が来ても、普通にシャワーを浴びて濡れ髪で出てくるし“間違い”が起きやすい環境だった」と振り返る。

 ホテルでは体験できない出会いも民泊の魅力だが、盗撮など、犯罪行為は宿も客もやってはいけない。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「盗撮目的の民泊業者にご用心 被害に遭わないためのお勧めグッズ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    んー要するに、民泊ってのはラブホ代わりなのか??なんか汚いとしか感じないな・・・

    3
  • 匿名さん 通報

    「被害に遭わないためのお勧めグッズ」は説明なしですか? 件名と内容が合わないが?

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク