松坂登板試合の瞬間最高視聴率が名古屋地区で15・5%を記録

松坂登板試合の瞬間最高視聴率が名古屋地区で15・5%を記録
阪神戦に先発した松坂
       

 中日・松坂大輔投手(37)の“熱投123球”が名古屋地区で大きな注目を集めていたことが数字で証明された。松坂が先発登板した19日の「中日―阪神戦」(CBCテレビ)で瞬間最高視聴率が15・5%と高い数字を記録したことが20日、わかった。

 最高視聴率を記録したのは19時58分で、これは7回表、阪神攻撃中の時間帯。松坂の投球数は6回を終えた時点で101球を数えたが、本人が続投を志願して7回もマウンドへ。二死満塁の大ピンチを迎えるも代打・上本を三振に切って取るとナゴヤドームは大歓声に包まれた。

「最高視聴率を記録したのはピンチをしのいだ瞬間より少し早い時間でしたが、7回に松坂投手がマウンドにいた時でした。やはり関心は高かったと思います」とCBCテレビも“松坂効果”にニンマリだった。

 この試合の平均視聴率は9・9%と惜しくも2桁には届かなかったが、これは放送時間が19時から22時までの3時間もあったため。試合が9時前に終わってしまった関係で、9時台には今年1月に亡くなった中日OB・星野仙一氏の過去のVTRや、小笠原慎之介投手(20)、柳裕也投手(23)、鈴木翔太投手(22)による焼き肉座談会などが放送されたが、この時間帯の数字が伸びなかったことが影響した。

「19、20時台は高い数字で推移していました」(CBCテレビ)と松坂に対する関心度は高いだけに、順調なら30日のDeNA戦(ナゴヤドーム)とみられる次回登板がどんな結果になるか注目される。

(ビデオリサーチ調べ、数字は名古屋地区)

当時の記事を読む

松坂大輔のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「松坂登板試合の瞬間最高視聴率が名古屋地区で15・5%を記録」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    反日の中日新聞じゃ、そんな話題しかないよな。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「松坂大輔」に関する記事

「松坂大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松坂大輔」の記事

次に読みたい「松坂大輔」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月20日の野球記事

キーワード一覧

  1. 松坂大輔 ソフトバンク
  2. 松坂大輔 年俸
  3. 松坂大輔 引退

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。